ラーメン好きな私にとって嬉しいことに、
茨城県は蕎麦屋も多いけれど、ラーメン屋も多いのです。

もしあなたが「ラーメン大好き人間」であれば、
茨城県那珂市にある「豚男 -BUTAMEN-」に一度は行ってみてください。

ただし、胃弱な人や「ラーメンとは昔ながらの醤油味の支那そば」、
と思っている人は除きます (*´∀`*)

なぜならば、量・味ともに強烈な「体育系」の食べ物だからです。

豚男 -BUTAMEN-って何系?どんなラーメン?

豚男 -BUTAMEN-は「二郎系インスパイアラーメン」です。

そもそも、二郎系の由来は、東京都目黒区の東京都立大学近くにある
「ラーメン二郎」というボリューム満点のラーメンを提供するお店にあります。

(私自身はまだ食べに行ったことはありません。)

スポンサードリンク

醤油味の脂肪分の多いスープ、山盛りの野菜(もやしやキャベツ)、
分厚いチャーシューを特徴とします。

「二郎系インスパイア」というのは、
二郎系に似たようなラーメン、ということらしいです。

上記の二郎ラーメンの描写のように、
豚男のラーメンは、脂分が強く、塩辛いスープに、
ワシワシとした食感の麺、初めて見た人は息を呑む様な野菜の山から成ります。

店の前にこんな看板がありますが、生にんにくを添えて食べると一層美味しいです。

foodpic5434349

 

身体の悪い人やご老人にはあまり向かない食べ物ですが、
なぜか熱狂的なファンが多く、中毒になった人は、
定期的に食べに行かないと気が済まなくなります。

ちなみに、料金は680円からで、野菜や肉の大盛り(「増し」と呼ぶ)自由。

ニンニクや脂も増減自由です。

豚男 -BUTAMEN-へのアクセス:車あるいは電車で行く方法

豚男 -BUTAMEN-は、県庁所在地の水戸市の北に接している那珂市
JR線中菅谷駅の近くにあります。

住所:茨城県那珂市菅谷2370-1

茨城県那珂市菅谷2370-1
車で行く場合

水戸から車で行くのであれば、国道349号線沿いに北に進み、
「菅谷小東」交差点で31号線を左に曲がったすぐ右にあります。

水戸駅からだとおよそ9km、渋滞がなければ16分ほどで到着できます。

黄色に黒字で大きく「豚男」と書かれた看板が目印です。

foodpic5434350

お店の前には20台ほどの共用駐車スペースがあります。

 

電車で行く場合

東京方面から電車で行くのであれば、水戸駅から水郡線に乗り換えます。

水戸からは、5駅目の中菅谷で降りてください。
(水戸→常陸青柳→常陸津田→後台→下菅谷→中菅谷)

スポンサードリンク

中菅谷駅で降りたら、線路を越えて東に進み、
31号線に沿って歩いていくと約12分でお店に到着します。

豚男 -BUTAMEN-ラーメンの食べ方の注意

お店に入ったすぐ左に自動販売機がありますので、
まずそこで食券を購入してください。

なぜかボタンは1種類(小)しかありませんが、それを押して大丈夫です。

席についたら、食券をテーブルに置きます。

お店の人が注文を取りに来たら、ラーメンの量を告げます。

量は以下のとおり

[ip5_ornament design=”bg-deco-postit2″ width=””]

半分:150g

少なめ:200g

小:300g

大:400g(+150円)[/ip5_ornament]

個人差がありますが、普通に大盛りを食べられる女性でも、
初めての場合は半分(150g)にするのが無難です。

 

この写真は少なめ(200g)です 汗

foodpic5434363

 

また、大以上は追加で150円を席で支払うことになります。

麺の量に加えて、以下についても指定できます。

[ip5_ornament design=”bg-deco-postit3″ width=””]

麺の固さ:固めorやわらかめ

野菜:増しor(何も言わなければ普通)、少なめ

脂:増しor(何も言わなければ普通)、少なめ

味:辛めor(何も言わなければ普通)、うすめ

ニンニク:多めor普通、少なめ、無し[/ip5_ornament]

のように口頭で注文します。

(不定期に、カレー粉などの追加トッピングもあり。)

お水はセルフサービス。

カウンターなどに用意されている、追加の丼を手元に用意しましょう。

食べる際に、まず丼に野菜を取りのけておかないと、
麺まで行き着けないからです ( ̄▽ ̄;)

生卵も無料なので、ある程度麺を食べて
「味が辛すぎる」と思ったら入れてください。

マイルドな味わいになりますので。

通常メニューに加えて、ゲリラ的に「台湾まぜそば」、
「味噌ラーメン」などの追加メニューが現れます。

「味噌ラーメン」のトッピングのニラキムチが美味なので、
タイミングが合えば、ぜひ試してみてください!

まとめ

豚男に行く際にもうひとつ気をつけるのが営業日

基本的に、以下のようになっています。

[ip5_ornament design=”bg-deco-postit4″ width=””]

定休日:火曜、水曜日、日曜夜の部

営業時間:11:30~14:00/18:30~21:00[/ip5_ornament]

開店時間丁度に行っても並んでいることが結構ありますので、注意してください。

また、臨時休業などもあります。

電話がないので、Twitterでフォローしておいて、
情報を得るのが良いでしょう。

豚男BUTAMEN店主
@Masaki21919

台湾まぜそばなどのイベントについても知らせてくれますよ^^

あと、はじめに書いたように、
くれぐれも、胃の調子が万全の時に行くようにしましょう(*´∀`*)

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook