食卓で鍋料理をするのに便利な卓上カセットコンロですが、
使い方によっては爆発して思わぬ大事故が発生すると言います。

実際に、2004年4月からの5年間で、
カセットコンロによる135件の事故が発生し、8人が死亡しています。

カセットコンロ事故の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

カセットコンロ爆発事故の主な原因は?

ガス台にカセットコンロを載せたままグリルを使う

意外と多いのが、ガス台にコンロを載せたまま、グリルで魚を焼くことです。
これによって、ガス台の排気口から熱が発生。

実験によると、15分ほどでボンベが大爆発しました。

 

コンロの五徳をひっくり返した状態で使う

「五徳」とは、コンロの鍋を支える金属部分のことです。

a0002_000038

この五徳をさかさまにして、その上にフライパンなどを置くと、
コンロとフライパンが直接触れた状態で加熱されます。

これによって、過度に熱せられたカセットボンベが爆発します。

五徳を外した状態でカセットコンロを使っても、
同様の事態が起こります。

 

カセットボンベがコンロに正しく装着されていない状態で使う

カセットボンベの「切り欠き」の部分が、コンロにきちんと装着されないと、
ガスが漏れ出してそれに引火し、爆発を起こします。

 

カセットコンロを覆うような大きな鍋を使用する

鍋が大きすぎると、放射熱によってガスボンベが加熱されて
爆発することがあります。

 

2台以上のガスコンロを並べて使用する

この場合も、大きな鍋を使用するため、ボンベが加熱され
爆発することがあります。

 

ガスボンベの処理に注意!

z-0029

スポンサードリンク

使用済みのガスボンベを捨てる前に残っているガスを
抜かなければならないことがあります。

そういった場合、ボンベを室内で処理すると、
発生したガスが引火して爆発を起こすとがあります。

室内で火を使わなくても、換気扇から排出されたガスが
温熱器の熱で引火した例もあります。

使用済みカセットボンベを理する場合は、
必ず屋外の風通しの良い場所で行うようにしましょう。

 

まとめ

・熱源の上にコンロを置かない

・五徳を逆さにしたり、外して使用しない

・カセットボンベを正しく装着する

・コンロを並べて使わない

・コンロを被うような鍋を使用しない

このように、正しい使い方をすれば、カセットコンロでの事故は避けられます。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook