温泉で有名な栃木県塩原は、紅葉が美しいことでもよく知られています。

秋の塩原で温泉と紅葉を一緒に楽しみたいですね。

この記事では、紅葉の見所と見頃をまとめてみました。

スポンサードリンク

塩原紅葉の見所

日塩もみじライン

鬼怒川温泉と塩原温泉を結ぶ全長約28キロの日塩もみじラインは、ブナやカエデも鮮やかなドライブウェイです。

コースには峠の茶屋の近くに「太閤おろしの滝」、「白滝」などのがあり、小休止できます。

富士見台の展望台からは女峰山や霧降高原などを展望できる他、天気が良ければその名の通り富士山を見ることも可能です。

日塩もみじラインの紅葉の見ごろは10月中旬から下旬です。

 

もみじ谷大吊橋


塩原ダム湖にかかる全長320メートルのつり橋で、重荷を支える桁のない吊橋としては、本州最大級の長さを誇ります。

当然、結構揺れますが、吊り橋からの湖と周りの山々のコントラストは絶景です。

橋を渡った対岸の「もみじ谷公園」は、「恋人の聖地」と呼ばれ、クマタカのオスとメスの像が建てられています。

料金:大人:300円、子供:200円

もみじ谷大吊橋の紅葉の見ごろは11月上旬から下旬です。

 

塩原峡谷

箒川の渓流に沿って歩けば、山一面がモミジやカエデで鮮やかに色づき、他に類を見ない美しい景色を楽しめます。

塩原渓谷遊歩道にはいくつかのコースがあります。

半日かけて本格的な山歩きを楽しみたいのであれば、ビジターセンターから回顧(みかえり)吊橋まで全長約8キロ、所要時間4時間の「回顧コース」があります。

スポンサードリンク

ゆっくり歩きながら景観を楽しむのならば、塩原温泉ビジターセンターから箒川ダムまでの3.7キロの 「やしおコース」がお勧めです。

塩原峡谷の紅葉の見ごろは10月下旬から11月上旬です。

 

塩原の紅葉ドライブのアクセスと宿

東京方面から塩原に向かうには、東北自動車道 浦和本線料金所から西那須野塩原ICまで約139キロ。そこから国道400号経由です。
 
塩原温泉は「美人湯」と言われる重曹泉(炭酸水素泉)・硫黄泉・弱アルカリ泉をはじめ、皮膚の回復に良い「傷の湯」硫酸塩泉など、さまざまな泉質が存在する温泉天国です。
 
温泉宿は、塩原温泉 やまの宿 下藤屋塩原温泉 湯守 田中屋塩原温泉 明賀屋本館などが人気です。

楽天トラベルで宿を検索する

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook