減量に効果的!でも、どのプロテインがおすすめなの?意外とわかってない種類と選び方

減量するときでもプロテインは飲んだ方がいいのはもうご存知の通り
でも選んだプロテインの種類によって、減量の邪魔をしてしまう可能性があります。
減量の時のプロテインの選び方について書いて行きます。

スポンサードリンク

プロテインの種類

プロテインは色々と種類があります。大きく分けると

・ホエイ
・ソイ
・カゼイン

の3つがあり、それぞれに特徴があります。

ホエイプロテインとは?

ホエイはもっとも一般的なプロテインで、吸収が早く筋肉の肥大に向いています。

原材料は牛乳でプロテインとしては比較的安価で買えるものです。

味もしやすくプロテインにしても溶けやすいので飲みやすい。1番普及しているプロテインです。

ソイプロテインとは?

ソイは名前の通り、大豆を原料としています。植物性タンパク質がメインで吸収が遅いのが特徴です。
プロテインの値段は安価ですが、溶けにくいので飲みにくいのが少し難点。

カゼインプロテインとは?

カゼインの原料はホエイと同じ牛乳ですが、チーズなどになる固形になるタンパク質を使っています。電子レンジで温めた時に膜になる部分を集めたものがカゼインです。

特徴としては吸収が遅いこと。そして加工が難しいので安いものは絶望的にまずいのが特徴です。

減量の時はソイかカゼインがよい?理由は?

この3種類の中では減量の時におすすめなのは

1カゼイン
2ソイ
3ホエイ

の順番です。

なぜカゼイン⇒ソイ⇒ホエイなのか?

その理由は、減量の時のプロテインは吸収が遅ければ遅いほどいいからです

吸収が遅ければ、お腹の中で溜まっている時間が長いので空腹感を感じるまでの時間が長いということ。

そしてずっと吸収し続けるので、筋肉が分解される時間が少なくなるのでカタボリックを防げます。

そして吸収が早いプロテインは、筋肉の肥大を助ける効果があります

筋肉が肥大してしまったら体重は増えてしまいますからね。

だからカゼインプロテインが1番おすすめです。

でも安いものを選んでしまうととても飲める味ではない(プラスチックみたいな味がする)ので、どうしてもコストが高くなってしまう。コストが高くなってしまっても構わないという人はカゼインプロテインを選びましょう。

少しコストを抑えたいという人はソイプロテインを。

でもソイは溶けにくいので飲み味が合わないという人もいます。そういう方はホエイプロテインでも構いません。

ストレスを感じることなくちゃんと毎日飲めることが1番大切です。

まとめ

プロテインには、

・ホエイ
・ソイ
・カゼイン

の3つの種類があります。

減量にプロテインを利用するのであれば、

ガゼイン

 ↓

ソイ

 ↓

ホエイ

の順に効果があります。

ただ、安いガゼインは味が悪いため、コストを気にする方はソイ、それでも飲みにくいという方はホエイでも構いません。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です